共有ボタン

このブログを検索

2015年7月27日月曜日

Windows9(自称)作成計画  "金のChromeと銀のChrome、そしてChromium OS"

Google Chrome CanaryChromiumChromium OS

みなさんこんにちはu-taです。
ネタを探してましたので時間が空いてしまいました(´・ω・`)
今回は





これです。これ。

まず初めのやつは有名なChromeですよね
私のメインブラウザです。
前はIE使ってたんですけどChromeのほうが動作が早かったんで。
でも、IEのほうが使いやすかったところが少しあるかな~って思っちゃいます。(´・ω・`)
ページの複製機能があればいいのに(^ω^)
Chromeの使用はこちらから



←こんなのを押せばダウンロードできます
右の金のChrome知ってますか?
これは開発者向けのChromeですね。(´・ω・`)
何が違うかっていうと・・・
特に違いはありませんが金のChromeは最新の機能が普通のChromeよりも多いだけです。
ほとんど変わりません。
あと金のChromeこの金のChromeの本当の名前は
Google Chrome Canaryといいます。


興味がある方はここからどうぞ
Google Chrome Canary ダウンロード
ちなみに普通のChromeがあっても大丈夫で2つ共存できます。
結構2つあると便利です(^ω^)

←こんなのを押せばダウンロードできます。







次に青?銀?のマークのChrome(ここでは銀のChromeと呼ぼうかな)
知っていますか?
これはChromeの原型のChromiumといいます。
何が違うのかというと、
大きな違いは

・Chrome Canary よりも開発者向けのブラウザ
・Googleとの関連性がない
・頻繁にアップデートがある

という感じ
Googleとの関連性がないということは個人情報が少しだけ普通より守られるということです。
だからこちらのほうを使う方もたくさんいます(-ω-)/
Googleさんは個人情報を広告にしますからね(´・ω・`)
まあ、いいんですけど(^ω^)
嫌な方はこちらをおすすめします

使いたい方はこちらから
ちなみにこれはインストール不要なのでポータブル版としても使えますね(^ω^)


 ←こんなのを押せばダウンロードできます

Chromiumの使い方は少し難しくて、ダウンロードしたファイルを解凍したら、開いて
下の写真のチェックマークのついたChrome.exeをクリックすると使えます。
(.exeがついてない人もいる)




おまけ 「Chromium OS」
Aさん:あなたが落したのは金のChromeですか?それとも銀のChromeですか?




Bさん:いいえ、普通のChromeです
Aさん:正直者にはChromium OSを差し上げましょう!

というわけでChromium OSを体験しましょう!!
方法は2つあり
1つ目はChromium OSっぽくChromeを変える方法
2つ目はChromium OSを仮想環境に入れる方法 (自称Chromium OS モード)

(方法2は前提としてVMwere playerをダウンロードすることを前提としています)
導入していない方はこちらを見て導入してください
Windows10TPのところはやらなくてもいいです。

それでは始めましょう。
方法1 Chromium OSっぽくChromeを変える
Chromeを起動して右上の「」のようなやつをクリックし、
Windows8 モードでChromeを再起動を押すとできます。
戻し方は「三」ボタンをおして、デスクトップでChromeを再起動を押すと戻れます。

方法2
VMwereでOSなしの仮想PCを作ります。
新規仮想マシンの作成をクリック









後でOSをインストールを選択して次へ
  






下の写真のようにしてください。





















このようにしてください。(ディスク最大サイズは変えても結構です。)



















完了を押してください。



















もしハードウェアをいじるならこんな感じがおすすめ




















名前は適当でいいですがここではわかりやすく Chromiume OSにしましょう。
場所はどこでもいいですが、最低でも5GBくらいあると安心です。




















これでChromium OSの完成!
としたいですが、起動できません。\(^o^)/(そりゃあ、OSが何も入ってないからね)





次に、このサイトに飛んでください
利用規約を読んで
I have read the above にチェックを入れてください。
利用規約はもちろん私は1秒で読みましたよww (^ω^)エッヘン (←こいつ英語読めないのに)
そしてDownloadをクリックしてダウンロードし、解凍してください。
こんなのがあると思います。





この二つの名前をさっき決めたChromium OSにしましょう。(別の名前にした人はその名前)
拡張子は変えちゃだめですよ(.vmxや.vmdkなど)

←ここで決めた名前に変える。

















次にChromium OS.vmxをメモ帳で開いてください。
vmxなんてないよ?(。´・ω・)?  という方は




このアイコンをメモ帳で開いてください。

メモ帳で開くなんてないよ?(;´・ω・)?という方は
プログラムから開く→既定のプログラムの選択→すべての.vmxファイルをこのアプリで開くのチェックを解除→その他のオプション→メモ帳を選択
それでもない方はこのPCで別のアプリを探す。 でメモ帳を探し出してください。(検索とかで)
開いたら
#!/usr/bin/vmware
.encoding = "UTF-8"
config.version = "8"
virtualHW.version = "4"
memsize = "1024"
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "ChromeOS-Vanilla-VMWare.vmdk"
ethernet0.present = "TRUE"
usb.present = "TRUE"
sound.present = "TRUE"
sound.virtualDev = "es1371"
displayName = "Chromium OS"
guestOS = "otherlinux"
ethernet0.addressType = "generated"
floppy0.present = "FALSE"
と出ると思いますので、
黒線の引かれた
ide0:0.fileName = "ChromeOS-Vanilla-VMWare.vmdk"
のところをChromimu OS(さっき決めた名前)を下のように変えてください
例 ide0:0.fileName = "Chromuim OS.vmdk"

こうすることによって使用するvmdkファイルがさっきリネームしたvmdkファイルに指定されます。
もしこのスペルが少しでも違うと参照先が見つからなくて起動できません。
あ、難しかったかな?プログラミングをやった時があったので。(初歩的なプチコンですがww)
でも、PCのプログラムはさっぱりわからないのでほぼ勘ですけどね(´・ω・`)

雑談終了

次に赤字になっているところを消してください
ethernet0.addressType = "generated"
そして、floppy0.present = "FALSE"のあとに
eternet0.virtualDev="e1000"
を追加してください。

はっきりとはわかりませんが、
e1000は仮想ドライバーだと思います。
わからないですけどww
初心者なんでね(´・ω・`)

2回目の雑談終了

メモ帳を保存して閉じてください。

そのあと、
ここで決めた保存先を開いてください
この4つがあると思うので .vmxと.vmdkを削除して、さっきダウンロードしたファイルを入れます。
拡張子が書いてない人はファイル情報の右のほうを見ると

このようにありますので、VMDKファイルとVMwere virtual...を削除してください。

そしてVMwere playerを起動してアカウントなどの設定をいくつかこなすと
起動できるようになります。

今回はこれで終わりです。
最後まで見ていただきありがとうございました。


次回「音質をよくしてPCで音楽を聞こう!」

0 件のコメント:

コメントを投稿

ADアンダー

Google+

人気の記事

人気の記事

人気の投稿

ブログ アーカイブ