共有ボタン

このブログを検索

2015年7月15日水曜日

Windows9(自称)作成計画 5 "Windows10 TPモード(自称)"

Windows9(自称)作成計画 その5

windows10 TP モード

みなさんこんにちはu-taです。
今回はwindows9(自称)の機能として考えてもらえばいいです
XPモードというモードがwindows7 Proにあるのを知っていますか?
まあ、知らない人のほうが多いと思いますが。
それに似たモードのwindows10 TPモード(自称)について説明します


windows10 TP モード(自称)とは仮想環境で動かすwindows10 TPのことです。
・windows10 TPって?
windows10のデモ版のようなものです。windows10の改善をするのに必要な
windowsユーザーからのレビューをもらうために作られました。
・お金はかかるの?
体験版なのでかかりません。
ただし使用には期限があるので注意してください。
2015年7月13日の時点ではまだ使用できました。(当たり前かな)
・危険じゃないの?
今から紹介する方法でやるなら危険性はほとんどありません
ただしパソコンに直接OSを入れるのはおすすめしません。
デモ版ですのでOSに不具合があってもマイクロソフトは対応してくれません。
だけど今回やる方法では危険性はほぼ0%ですので安心してください。
ただし、いかなる損害が起きてもこのブログや私は一切責任を負いませんので注意してください。
あくまでも、自己責任です。

それでもOKという方はこの記事をお読みください

まず仮想環境を構築するVMplayerをダウンロードしましょう。


クリックしたらこんな画面が出ると思うので(2015年7月13日)












下の赤線で囲まれているところをクリックしてください。











ダウンロードが完了するまでお待ちください・・・


    ↓今流行りの遊び







 嘘です。こんなことしてたら警察沙汰になってしまうww


ダウンロード完了しましたら実行してください

実行するとこんな画面がでますので次へをクリック

















すぐ次へを押さず読んでくださいね!
(私は1瞬で次へを押しましたがww1瞬で読んだことにしておこう)
同意して次へ

















ここでインストール先を変えると何らかの不具合が起きます。
私の場合は何度試しても↓のようでないと失敗しました

















これはチェックを入れるかいれないかは自由ですが
入れておいたほうがいいんじゃないかな?
私は入れました。

















はいはい協力してあげますよっと


















チェックはご自由にどうぞ
スタートメニューは第三回のwindows9(自称)作成計画でwindows8でもつけられるようなソフトを紹介しています
http://m-luckyu-ta.blogspot.jp/



















問題がなければ次へを押してください
インストール中・・・・


終わった~(´・ω・`)
お疲れ様でした。


しかし!!!
これからのほうがもっと大変になります。
ここからwindows10 TP をダウンロードしてください。
Windows10 Pro TP 32bit版  2.91GB
Windows10 Pro TP 32bit x86 配布終了しました
Windows10 Pro TP 64bit版   3.89GB
Windows10 Pro TP 64bit x64 配布終了しました
Windows10 Enterprise TP 32bit/64bit版 (Microsoftのアカウントが必要)
Windows10 Enterprise TP 32bit(x86)-64bit(x64) まだ配布中(2015/7/22)
どれダウンロードしても構わないです。
おすすめはPro32bitかな?
だって容量が少ないからww
それだけです(^ω^)

これはかなり時間がかかるから注意してください。]
私の場合は無線でPro32bitで1時間程度、Pro64bitで1時間40分程度でした。
(Enterprise版もだいたい同じ)
あとHDD、SSDの容量にも注意してくださいね。
足りないと時間をかけてダウンロードしても取り消されてしまいますからね。


ダウンロード中・・・・

えっと、そういえば Enterpise版は、企業用のWindowsなのです。
何が違うかっていうと・・・
有名なのはWindows To Go機能がついてることくらいですかね。
Windows To Go?と思う方も多くいると思うので説明しておきます。
Windows To Goはいつも使っているWindowsのデーターをそのままUSBにいれて他のパソコンで
いつもとまったく同じ環境を作り出せる機能です。
・・・・よくわからない? 
簡単に言うとUSBに自分のPCのすべてのデーター入れていろんなパソコンで起動できる機能です
これでもわからない方はググってください。
でも、ググってくださいもわからない人もいると思うんですよ
調べて下さいっていう意味なんです。
これは覚えておいたほうが吉です。
だからggrksとかよく見ませんか?
これはあまりよくない言葉遣いですが「ググれカス」という意味です。
みなさんはなるべく使わないようにしましょう。
あと日本以外の国の言葉のを使いたいならここへ飛ぶとダウンロードできます。








それにしてもダウンロードが長い・・・












あと20分・・・



あと10分!!!




まだ10分!?




ダウンロード終了!
よっしゃぁぁぁぁぁ!!



これだけでもう何もかもが終わった気がしますが、まだ待ち時間はありますよ~ ( ;∀;)ナキタイ

VMware playerを起動しましょう。
そして新規仮想マシンの作成をクリックしましょう。

こんな画面が出ると思います。(初回は真ん中にずらーっと書いてある文字はないです)
インストーラーディスクイメージファイルを選択して、参照を押してください。
さっきダウンロードしたwindows10 TPを選択してください(写真はPro32bit版)
しかし、こんな表示が出ます。 もうwindows10 TPはできない!!わけではありません。(´・ω・`)
次へを押すとこんな画面が出ます。

バージョンは32bitの場合Windows8を選択してください。
64bitの場合はWindowsx64を選択してください。
(Enterprise版の場合も同様)
 

次へを押してください。
そうするとこんな画面が出るので仮想マシン名とインストール場所を選択してください。
私はWindows10 Pro TP は一回ブログ用に試したので今回はEnterprise版にしました。
あと、インストールする場所はなるべく容量の多いほうがいいです。



















USBなどにインストールしようとするとこんな画面が出ますが、私もよくわからないんでOKをクリック












仮想マシンのディスクサイズ設定が出ます。変えなくてもいいですが私は40GBにしました。



















仮想マシンの設定が出ます。変えなくても十分ですが私はこうしました。
メモリは自分のパソコンについているメモリより100MBくらい低い値をおすすめします。
 自分のメモリの調べ方は コンピューターもしくはPCを選択→ウインドウの空いているところで
 右クリック→プロパティ→実装メモリ(RAM)と書いてあるところで確認できます。
 私は2GBなのでこのようにしました。



















完了を押してついにできる!!と、おもいきやまだまだあります。
ガンバレ!!(´・ω・`)
 
さっき作成した仮想マシンができていると思うのでクリックして右下の仮想マシンの再生をクリック
動作に可能なデバイスと書かれているのはけしてもOKです
(ここで数秒かかります)
するとWindowsマークが!!!
おお!Windowsマークだ!!と感動するかもしれませんがまだ時間がかかります
そしてしばらくすると
ドン!
日本人の方はそのまま次へをクリックしてもらってもいいです。
日本語以外を使いたいなら設定を変えてください。


今すぐインストールを押してください (偽アンチウイルスソフトの広告みたいww)


しっかり読んでくださいね。    (私?ああ、一秒で読みましたww(^ω^) 
基本はカスタムでいいです。(というよりアップグレードを選択する人なんているのかな?)















そのまま次へを選択してください。(いろいろ弄りたい人はここでいじってね)














ここで30分待つ!!(またかよ・・・"(-""-)"














終わったらまたこの画面になります。また10分程度待ってください















まちゲーなんですね、わかります。 (´・ω・`)



Pro版使っている人とは少しデザインが違いますが内容は同じです。
どうでもよければ簡単設定を使うと楽です。















ここからは少しパスワードなのがでてくるんで少し省略します。
流れどうりにやっていけばいいです。















すべての設定が終わったら
もう使えるようになります。
お疲れ様でした!!(*´ω`*)
ホント疲れましたね~
最初はゴミ箱だけしかないんでこんな感じにしておくと便利です。



















最後までお読みいただき本当にありがとうございました!!!
疲れたけどこれでwindows10 TPモードの完成です!!
 あ、シャットダウンはまずWindows10 TPの電源を切ってから,VMware playerの×ボタンをおして
 パワーオフすることで安全に終了できます。
 あとフルスクリーンモードにすることで扱いやすくなります。
 今回はこれで終わりです。
 ありがとうございました。

 次回 「windows9のプロパティ」
 
おまけ 
ボタン1つでWindows10 TPモードにする方法。
Windows10 TPをインストールしたフォルダーを開く。
こんなのがずらっーと





















これの中の↑
このアイコンのファイルのショートカットを作成するとボタン1つでwindows10 TPモードになります
アイコンをwindows10 TPらしくする方法
方法1(右下の通知バーにwindows10を入手すると書いてある人のみ)
PCで「GWX」と検索すると






こんなのがあるのでショートカットの作成→「GWX」のショートカットとカットを選択→右クリック→
→プロパティ→アイコンの変更→下のようなアドレスをコピー↓
←さっきのこれを右クリック→プロパティ→アイコン
の変更→
 →アドレスを消して、さっきのをペースト→決定→適用
 でアイコンをwindows10らしくできます





こんな感じ

方法2(windows10を入手するがない場合)
ここからファイルをダウンロードして
GWX
上の方法1をする

注意!GWXを移動させてしまうとアイコンが消えてしますので消えたらまた方法1を使ってください。

おまけ2
Windows10 TP Enterprise版でWindows To Goをする
windowsを検索でWindows To Goと調べて実行すればできます。あとは翻訳とかでやっていって下さい。 
注意 Enterprise版のみ可能です。Pro版ではできません。






0 件のコメント:

コメントを投稿

ADアンダー

Google+

人気の記事

人気の記事

人気の投稿

ブログ アーカイブ