共有ボタン

このブログを検索

2015年8月19日水曜日

誰かが驚くかもしれない「超容量削減の極み」 その2

みなさんこんにちはu-taです。
第二回目です。
今回はWindowsの機能を削ります。
その機能を使っている人は消さないでください。
大きなリスクがあるので、注意。
自己責任で。
何が起きるかわかりません。


削減容量10MB~300MB
安全性


・WindowsDefenderを使っていない人
WindowsDefenderのデーターを消す方法
OSのインストールしてあるドライブ(ほとんどの方はC:ドライブ)を開き、programfileを開いて、WindowsDefenderフォルダを消す。
64bitの方はprogramfile(x32)の中のWindowsDefenderも消してください。


・InternetExplorerを使っていない人
コントロールパネルで 「Windows の機能の有効化または無効化」 と検索し、Windows の機能の有効化または無効化を選択、InternetExplorerのチェックを外す。
再起動
OSのインストールしてあるドライブ(ほとんどの方はC:ドライブ)を開いてProgramfileの中のInternetExplorerフォルダを消す。


・Windowsメディアプレイヤーを使ってない人
コントロールパネルで 「Windows の機能の有効化または無効化」 と検索し、Windows の機能の有効化または無効化を選択、メディア機能の中のWindows Mediaplayerのチェックを外す。
再起動
OSのインストールしてあるドライブ(ほとんどの方はC:ドライブ)を開いてProgramfileの中のWindows Mediaplayerフォルダを消す。



これくらいですかね。Windowsdefenderを消すのは少し難しくて、少し危険です。
それ以外は簡単です。

あと、すべてにリスクがあることを覚えておいてください。



それではBye(-ω-)/


0 件のコメント:

コメントを投稿

ADアンダー

Google+

人気の記事

人気の記事

人気の投稿

ブログ アーカイブ