共有ボタン

このブログを検索

2016年5月7日土曜日

GTX1080は強すぎた

西暦2016年
5月7日
私達を驚愕させるグラボがやってきた
GTX1080






















ずるいよ!!NVIDEAって人はァァァ!!
※人じゃないです

皆さんこんにちはラッキーです



980TI買ったばっかなんですけどねぇ・・・w

あっさりとそれを超える性能のビデオカードを出されました((;´д`)トホホ…

まあ、気を取り直して
今回は1080の情報を書き込んでいきたいと思います
ベンチもリークされたしね
なんで表を作ってみました


これがベンチ表です
人類史上初のGTX1080との比較表かもw

正しいかどうかは分かりませんが(リークなので)
NEVIDAによると

980SLIやTITAN Xを凌ぐ性能を持ち、VR環境では980の2倍以上の性能を発揮します

ということらしいです
上の表を見る限り本当ぽいですね

おお、怖い怖い


まあ、グラボの進化ってのはこんなもんですよね
私の980TIも最近買ったばかりなのに時代遅れかぁ・・・

気になる価格は
$599
だそうです

日本円にして
約6万5000円
です

現行の980TIだって8万はするのに・・・w


ずるくないですかァァァァァァ!!


一様詳細なスペックです

■GEFORCE GTX 1080

●GPUエンジンスペック
NVIDIA CUDAコア: 2560
ベースクロック (MHz): 1607
ブーストクロック (MHz): 1733

●メモリスペック
メモリスピード: 10 Gbps
標準的なメモリ構成: 8 GB GDDR5X
メモリインターフェイス帯域: 256-bit
メモリ帯域幅(GB/秒): 320

●技術サポート
マルチプロジェクション: Yes
VR Ready: 対応
NVIDIA Ansel: 対応
NVIDIA SLI Ready1: 対応 - SLI HBブリッジをサポート
NVIDIA G-SYNC-Ready: 対応
NVIDIA GameStream-Ready: 対応
NVIDIA GPU Boost: 3.0
Microsoft DirectX: 12 API、将来的なレベル12_1もサポート
Vulkan API: 対応
OpenGL: 4.5
バスサポート: PCIe 3.0
対応OS: Windows 7-10, Linux, FreeBSDx86

●ディスプレイサポート
最大解像度: 7680x4320@60Hz
標準ディスプレイコネクタ: DP 1.42, HDMI 2.0b, DL-DVI
マルチモニター: Yes
HDCP: 2.2

●グラフィックカードの大きさ
高さ: 4.376インチ(約11cm)
長さ: 10.5インチ(約26cm)
幅: 2スロット

●熱と電力スペック
最大GPU温度 (C): 94
グラフィックカード電力 (W): 180 W
推奨システム電源 (W): 500 W
補助電源コネクタ: 8-Pin



1080TIのVRAMは
GDDR5ではなくGDDR5Xを搭載しています
なので電力効率がTITANXの3倍にまで向上しているそうです

VRAMは8GBとTITANXと同じ容量を持っているそうです

そして一番びっくりしたのは
コアクロックがめっちゃ高い!!

980TIは1126MHzですが
1080は・・・

1607MHz!!

なにこれ・・・・w
グラボ燃えてないか・・・w
って思うほどのクロックです

そして1080はOC耐性にも高く
なんとリファレンスで

2100MHz

も到達したそうです
こんなん980TIでやったら燃えるわww


その上980TIよりも
消費電力がめちゃくちゃ低いらしいです
噂によれば
980よりも低いとか


これはすごいですねw

発売日は2016年5月27日だそうです

ちなみにGTX1070は6月10日に発売します


でも私は今買うのはあまりお勧めできませんね~
なんたって
GTX1080TI
の性能が頭がおかしいレベルになりそうだからです

私の予想によれば


・製造プロセス
16nm

・プロセッサ数
2048基

・ベース/ブーストクロック
1800MHz/2000MHz

・VRAM
GDDR5X 12GB

・メモリクロック
9000MHz

という感じで


ベンチマークが
Fire Strike Extreamで
11300
くらい取れると見込んでいます




比較作りましたが・・・

ずば抜けてますね・・・w

多分発売日は
2017年の3月くらいだと思います

考えものですね




今ある情報はこれくらいですかね

今回はここらで筆を置かせてもらいます

ここまで読んでくれた皆様有り難うございました

今後の動きに注目です







で、1000番台が出たことで900番台の値が下がるのを狙ってる人もいると思いますが
正直下がるまでには時間がかかりそうです
それに、思ったより下がらないと思います
980TIなら下がっても5万円台かなってとこです
それならほぼ同性能の1070を買ったほうがお得感があります

しかもなるべく新型のほうがいいしねっ!w



ただ今あるグラボをSLIにするってのもいいかもしれませんね






もし間違っている情報があれば言ってもらえるとありがたいです



画像/動画 NVIDEAより引用

4 件のコメント:

  1. どうせ高いんだろうなと思ったら6万5千円って書いてあって二度見した

    返信削除
    返信
    1. ちなみにやや性能は下がりますがGTX1070は4万円くらいで買えますよ~
      性能は980TIくらいだそうです
      私涙目w

      削除
  2. メインPCがかなり古い物なので、R9nanoかgtx980で新pc組もうか真剣に悩んだんですが様子見して正解でした。
    ここまで来たらTES新作の要求スペックに合わせるつもりなので、実際に組むのは17年後半か18年くらいになるかもですが…。
    gtx1080でこの性能…HBM2搭載のカードとかどんな化け物スペックになるのか想像するだけでワクワクしますw

    返信削除
    返信
    1. ただNVIDEAもGTX1080に妥協点をつけてくると思うので
      TiTAN Xの失敗を活かして作られた超高性能グラボが出るかもです
      もし出るならFire Strike Extreamで13000出してくれるかもですねー

      削除

ADアンダー

Google+

人気の記事

人気の記事

人気の投稿

ブログ アーカイブ