共有ボタン

このブログを検索

2016年9月9日金曜日

ワタシ流お絵かき PART 3 「アナログ線画とデジタルカラー」

皆さんこんにちは。
ラッキーです。

今回の方法は絵が苦手な人でもとてもキレイになります。
ですが今回の方法はPCを必要とします。(スキャナーも必要かも)
あとペイントソフトですかね。
無料ので十分です。
ペンタブなども特に必要としませんので(マウスで十分できる)



今回は「Photoshop CC 2015」を使用します。
これは有料なので持っていないという人は「GIMP」を使いましょう

GIMP
https://www.gimp.org/

Photoshopとほとんど機能は同じです。


あとこの記事ですが自分は絵がうまいとかでは全く無いので注意。
本当ならばこんなクソの人じゃなくてまともな人乗を参考にしてくださいお願いします。

まずは線画を読み込みましょう。

Photoshopの場合では白黒だけで構成されたファイルを読み込んだ場合グレースケールという判定になっています。
このままでは色を付けることが出来ません。
なのでイメージ→モード→RGBカラーを選択しましょう。

ちなみにRBGカラーの意味はR=レッド、B=ブルー、G=グリーン と三原色で再現される色のことです。

次に透明化しましょう。


こうしておいた場合が都合が良いです。
ですがこのままだとやりにくいので

レイヤーから線画の裏に白色の背景を用意すれば問題無いです。
あと、上の画像のように

透過線画

透明な背景

真っ白な背景

こんな感じに配置にしました。
そして真ん中の透明な背景に色を付けれると、とても扱いやすくなります。

白黒にしたい時だけできるし、細かい修正もやりやすいですからね。



その後の塗り方なんですが、この動画のようにやってます。(まぁ作業風景動画ですからね)



















このように範囲選択してグラデーションをかけて1つ1つやっています。

すべて完成するとこのようになります。


背景の透過はもともと用意しておいた白い背景を非表示にするだけで透過できます。


そして背景を適当に描いて、


出来ました。


こんな感じです。


ちなみに私が今まで描いた絵をまとめてみたので良かったら見て下さいね(っˇωˇ)っ
お絵描き集

ちなみにこの絵の線画です。
これはアナログ描きです。





それではでは(´・ω・`)ノシ

過去の記事
ワタシ流お絵かき PART 1 「線画」
ワタシ流お絵かき PART 2 「色鉛筆光カラー」






0 件のコメント:

コメントを投稿

ADアンダー

Google+

人気の記事

人気の記事

人気の投稿

ブログ アーカイブ