共有ボタン

このブログを検索

2018年7月31日火曜日

【随時更新!】2019年8月版 PS3エミュレーター「RPCS3」 使い方&検証

こんにちは。
luckyなことが起きない人です。

最終更新日:2019/8/18
---------------------------------------------------------------------------------
更新履歴
8/18:関連記事にSwitchエミュレータ「yuzu」の項目を追加しました。
8/15:記事を改良しました。様々な変更が施されました。
8/13 :リンクミスの修正を行いました。
8/10 : 「上級者向け要素集」を追加しました。 スキンの項目を編集しました。
8/9 : 記事を移転&改良しました。 GT6のプレイ動画を追加しました。MGS4の動作テストを行いました。
------------------------------------------------------------------------------



前回記事:【随時更新用新リンク有り】2018年版 PS3エミュレーター「RPCS3」 使い方

すでに数多くのゲームが十分楽しめるレベルで動作可能となっており、吸出しもPCだけでできるという、エミュレータの中でもかなり品質の高いエミュレータになっています。

以下のことを行う場合、自己責任でお願いします。

目次
・スペック
起動準備
・ゲームの起動
・起動確認(公式)
・ゲーム起動試験
・ソフトのPCでの吸い出しについて
・4K出力
・スキン
・ゲーム&RPCS3のアップデート
・軽量化設定
・上級者向け要素集
・RPCS3公式リンク集

PS3エミュレータ「RPCS3」

市販のPS3のソフトがPC上で動作する、エミュレータです。
2011年にDH氏Hykem氏が開発を開始し、数々の協力者により、このエミュレータが開発されています。

RPCS3公式ホームページ
https://rpcs3.net/


スペック

公式最低システム要件
CPUx64bit対応のプロセッサ
GPUOpenGL4.3以上に対応したGPU
RAM2GB以上
OSWindows 7/8/10 64bit版、Linux 64ビット版、BSD 64ビット版
公式推奨システム要件
CPUIntel Quad-core以上、TSX-NI(Haswell)以上  AMD Hexa-core以上(Ryzen)
GPUVulkun対応のNVIDIA製/AMD製のグラフィックボード
RAM8GB以上
OSWindows 7/8/10 64bit版、Linux 64ビット版、BSD 64ビット版
とありますが、ソフトによって要求性能は変わるため、あてになりません。
よってこちらでソフトによってレベルを定め、それらに対しての要求スペックを考えましたので、参考として書いておきます。

Lv1:ノベルゲームや2Dゲーム
(例:Steins:gate、Terraria)
CPU:Core i3 7100
GPUIntel HD 630
RAM:4GB以上
Lv2:アクション要素の低い3Dゲーム
(例:初音ミク Project DIVA)
CPUCore i3 8100
GPUIntel UHD 630
RAM:6GB以上
Lv3:アクション要素が多い3Dゲーム
(例:頭文字D EXTREME STAGE、Metal Gear Solid 4)
CPU:Core i5 8400
GPU:GT 1030 (GDDR5)
RAM:6GB以上
Lv4:同時に多くのオブジェクトが動く3Dゲーム
(例:機動戦士ガンダム EXVSFB)
CPU:Core i5 9600K
GPU:GTX 1050RAM:8GB以上
Lv5:最新重量級3Dゲーム(まだ開発不足による動作不良のゲームを無理やり動かす)
(例:GRAN TURISMO 6)
CPU:Core i9 9900K
GPU:GTX 1650
RAM:12GB以上

下の「ゲーム起動試験」にて各レベルの動作検証をしています。
そちらを参考にするとイメージがつかみやすいと思います。

PCゲームGPUを多く使用しますが、エミュレータではCPUを多く使用します。
確かに他のエミュレータに比べればRPCS3はGPUも使いますが、それもそこまでではありません。
このエミュレータにおいてもやはりCPUが重要です。

参考程度に実売1万5000円程度のグラフィックボードであるGTX1050Tiでのプレイ動画を載せておきます。
Spec
CPU:Core i7 6700K
GPU:GTX 1050Ti

この動画のピーク時のGPU使用率でも60%以下です。これでもややオーバースペックなのが分かると思います。
正直、最近のIntel Graphics等の内蔵グラフィックなどでも結構動きます。
試しにCore i7 6700に内蔵されている、Intel HD graphics 530でペルソナ5を動かしましたが、25fpsくらいは出てくれました。
コメントで聞いただけなので何処のサイトだか知りませんが、GTX1070なんてRPCS3にはオーバースペックです。そのサイト絶対RPCS3動かしてないでしょ。


関連記事
【GTX1050Ti】980Tiを使ってたけど1050Tiに乗り換えたくなるほど良かった話
【チップ】GeForce GTX1050Ti
【メモリ】GDDR5 4GB (128bitメモリバス)

起動準備

RPCS3を使用するためには、ランタイムとRPCS3とPS3のファームウェアが必要です。
まずはそれらを用意し、導入していきましょう。

Visual C++ 再頒布可能パッケージのダウンロード

RPCS3は「Microsoft Visual C++」というソフトで作られたソフトです。
Visual C++で作られたソフトを動作させるデータをインストールする必要があります。
すでに他の要件でダウンロードしたことがある方は、この項目を飛ばし、「RPCS3のダウンロード」に進んでください。

最新のサポートされる Visual C++ のダウンロード
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2977003/the-latest-supported-visual-c-downloads



赤で囲まれたところからダウンロード出来ます。


※RPCS3は基本的に64bitOS(x64)でしか動きません。
詳しくはページ下の「上級者向け要素集」の「RPCS3 x86 (32bit版)の存在」を参照してください。


ダウンロード後は、規約に同意してインストールをするだけです。


また、今回ダウンロードしたものは2015、2017、2019年のランタイムを含んでいます。
RPCS3のダウンロード
RPCS3 - Download
https://rpcs3.net/download


左下のDownload for windowsからRpcs3をダウンロードすることが出来ます。

このページからLinux版、他は開発者向けのソースコードや過去のバージョンもダウンロード出来ます。


DL後、解凍してこのような画面になります。

ポップアップの英語の内容は、「スタートガイドを読んでくださいね!」という内容です。

起動しない場合はこちらを参考にしてみてください。
PS3エミュレーターRPCS3「RPCS3本体が起動しない」
http://www.deltas-m.com/p/blog-page_31.html


PS3 Firmwareの導入 (重要!忘れないで!)
PS3™System Software Update
https://www.playstation.com/en-us/support/system-updates/ps3/


ページ右下の「AGREE AND DOWNLOAD NOW」からファームウェアをダウンロードしましょう。


すると「PS3UPDAT.PUP」というファイルがダウンロードされます。

そして先程起動したRPCS3で「File」→「Install Firmware」→「さっきDLした、PS3UPDAT.PUPを選択」


するとインストール後、こんなポップアップが出るので「OK」をクリック

これで「本体更新プログラム」と「LLE module」がインストールされました。


ゲームの起動
ゲームを読み込みましょう。


ファイルの選択では、起動したいゲームのPS3_GAMEフォルダーを選択しましょう。


選択するとウインドウがたくさん出てきます。
コレは「システム構成モジュール」を読み込んでいるところなので驚いて「✕」を押さないようにしましょう。

このウインドウが大量に出てくるのはそのソフトの初回起動時にのみ出てきます。
次回起動時にはかなり数が減ると思います。
ちなみにこれらのウインドウが出てる時基本CPU使用率はMAXに近いです。

すべての処理が完了すると・・・
このように起動するはずです。

Steins;Gate大好きなので・・・(  ´・ω・)

また、[rpcs3フォルダー]/dev_hdd0/gameにフォルダーを配置することで、リストに最初からゲームを表示させることが可能です。

データインストールはRPCS3では基本必要ありません。



起動確認(公式)
すべてのゲームを網羅して動作させてみているのではないのですが、ある程度のゲームの動作結果がココに載っています。
https://rpcs3.net/compatibility


COMPATIBILITY:互換性
 Playable :最初から最後まで正しくプレイできるゲーム

  Ingame  :一部だけプレイできるゲームゲーム

    Intro     :起動し、メニュー画面までは動作するゲーム

Loadable :起動できるがまともに動作しないゲーム

 Nothing  :起動しない、反応なしゲーム

アイコンを押せばその項目のゲーム一覧に飛ぶことができます。

❏ペルソナ5の起動について
ペルソナの開発元Atlas(米国)の主張により、起動確認などの資料は公式サイトから削除されていますが、rpcs3上での起動は制限されていないため、起動できます。
個人的に起動レベルはほぼ「Playable」、もしくは質の高い「Ingame」だと感じます。


ゲーム起動試験
起動すると言っても、それぞれのゲームによって処理する内容の差が大きいです。
なのでどの程度のものまで起動するのか検証してみました。

LV1 Steins;gate 0
2Dゲームノベルゲームなので、処理自体はかなり簡単なはずです。
検証日:2017/11
最後、章が移り変わるところで止まってしまいました・・・
何か設定が悪いのか、はたまたまだ開発段階だからなのか・・・
追記:撮影後、もう一度やったら正常に動作しました。たまたま失敗したようです。
ですがそれ以外はかなり実機と殆ど変わらずサクサクと動いていましたね
補足:Steins;gate を起動する際、変更した設定項目は1920x1080で出力、V-SYNCを使用するようにしました。

RPCS3ホームページでも

どうやら動作が完璧に認められているようです。


LV2 初音ミク -Project DIVA- F 2nd
家にたまたまあったゲームですが、やってみましょう。
リズムゲームとか人生で殆どやってないのでよく分からないです(  ´・ω・)
検証日:2018/5/17
2017/11にやった時よりも動作がかなり良くなってますね!
入力遅延もかなり減ってます。コレならフルコンは厳しいものの、十分楽しめる範疇なのではないでしょうか。

私の腕も少し上がってる気がします。
というかこれやってからボカロ聞くようになったけど、ボカロって英語だとめっちゃ合うよね。日本語って機械にはやっぱ遠い言語なのかもしれません。

LV3 METAL GEAR SOLID 4

メタルギアとか言う神ゲーム(映画)ですね。
一見処理が軽そうに見えるのですが、イントロまでしか動作しませんでした。
そしてそのイントロでさえもまともでない始末でした。
あのゲームの自由さがシステム的な複雑さを生んだ結果でしょうね。
ちなみに毎度のごとく日本版ではなぜか全く吸い出してくれないので、海外でのスネークの声が聞きたくて買ったヨーロッパ版での結果です。
大塚さんとはぜんぜん違う感じでしたね。

LV4 機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト
なんか負けるとファンメール(煽りメール)がすぐ届くというこのゲーム。
でも面白いゲームです。(  ´・ω・)
検証日:2018/5/17

操作に関してはもはや操作すら忘れていたくらいなので腕に関しては気にしないでください。
2017/11の時には起動すらしなかったのに・・・
RPCS3チームには相変わらず驚かされます。
しかし少なめですが、操作遅延があります。
設定をいじれば改善しそうです。

LV5 Gran Turismo 6
PS3のゲームの中でも最高クラスに処理が重いゲームです。
たくさんの車が同時に動くという高度な処理を行います。
検証日:2019/8/07

日本版はディスクに少し傷がついているせいなのか私の環境では正常に吸い出せないため、今回はヨーロッパ版を使いました。

まだ快適な動作は難しそうですね・・・
しかし、実用レベルになる日はそう遠くないでしょう。

ソフトの吸い出し

吸い出し:自分で手持ちのゲームを吸い出してイメージ化すること。

基本は実機(PS3)が必要ですが、PCでも吸い出すことは可能です。

・LG製
「LG BH26NS40」「LG UH12NS30」「LG BH16NS40」「LG BH16NS48」「LG BH14NS40」「LG WH24NS40」「LG WH12LS30」「LG WH24LS30」「LG WH26NS40」「LG WH16NS40」「LG WH14NS40」「LG WH16NS48」
・ASUS製
「ASUS BC-08B1LT」「ASUS BC-16D1HT」「ASUS BC-12B1ST」「ASUS BC-12D2HT」「ASUS BW-12B1ST」「ASUS BW-16D1HT」
・Samsung製
「Samsung SH-B083L」「Samsung SH-B123L」
・Sony製
「Sony Optiarc 5300S」「Sony PlayStation stock drive with proprietary adapter」
・BENQ製
「BENQ BR1000」
・LITE-ON製
「LITE-ON DH-4O1S」「LITE-ON IHBS112」
SATA接続内蔵型Blu-rayコンボドライブ
BD-ROM最大12倍速、(読み込み)
非動作時に消費電力を最大50%抑える「E-Green」機能
ドラッグ&ドロップで簡単に書き込みを行える「Drag-and-Burn」機能
一例として、Amazonへのリンクを張っておきます。
品切れになっていたりした場合はコメント等でお知らせしてくれると有り難いです。

これらはBlu-rayドライブはPS3のドライブである3k3yと互換性を持っているそうで、PS3ソフトの吸い出しがPCで可能のようです。

ディスクからの直接起動はできるできないの噂がありますが、私はできませんでした。

また型番を間違えて購入している方が前記事で見受けられました。
ココらへんは細かいので、よくわからなければ、上のリンクから買うのが一番トラブルを避けることができると思います。

本当に間違える方が多いので絶対間違えたくない方はこちらのリンクから買うことをおすすめします。この記事の初めにも書いてあるように、あとでいくら激怒されても責任は負いません。

※Amazonのスタイル名は変更せずに購入してください。型番が変わってしまいます。
例として、上のリンクから「BW-16D1HT」を買う場合、

赤線で囲われているもの以外はすべて違う製品です。
あくまで例ですので、いつでもこの順番に配置されているわけではないので注意してください。

こちらに書かれているのは、RPCS3公式サイトに書かれている吸出し可能なドライブだけなので、私の判断だけで「コレはできる!」「アレはできない!」と書いているわけではないのでご安心ください。

PCでの吸い出し方法1(簡易ver)
前と比べ、PCでの吸出しが非常に簡単になりました。
また、IRDファイルを自動で検索&適用してくれるため、IRDファイルを手動で導入する必要がなくなりました。

製作者のIlya Veselovさん、誠にスパシーバ(СПАСИБО)ございます。

※以下を行う場合は、下にある「上級者向け的要素」の「irdファイルの違法性について」をお読みください。

まずは必要なソフトとして、「ps3-disc-dumper」というソフトをダウンロードします。

現在の最新Verは3.0.4になります。
ps3-disc-dumper
https://github.com/13xforever/ps3-disc-dumper/releases/tag/v3.0.4

赤線で囲まれている物をダウンロードしてください。

Old Versions
https://github.com/13xforever/ps3-disc-dumper/tags

これから吸い出しに入ります。
予め、ドライブにPS3のディスクを挿入しておいてください。

「ps3-disc-dumper」を起動してください。
起動するとまず設定画面が出てきます。


「Browse (参照)」から「Output folder」にディスクを挿入してあるドライブを、
「IRD Cache Folder」

そしてokを押すと吸出しが開始されるので、完了まで待ちます。

完了すると、「ps3-disc-dumper」のフォルダ内に「PS3_GAMEフォルダ」ができています。

これで吸出しは完了です。

めっちゃ楽です。製作者さんに感謝です。


PCでの吸い出し方法2(上級者向け旧ver)

※以下を行う場合は、下にある「上級者向け的要素」の「irdファイルの違法性について」をお読みください。

現在、この一連の流れを自動で行ってくれるソフトを使用する方法がありますので、問題がなければそちらの方法を使用することを推奨します。

以下、旧吸出し方法についてです
PCの知識がある程度ある方なら出来ると思いますが、ない方はあまり推奨しません。
また、irdファイルを入手しないと完全に吸い出せないため、irdファイルを入手してからドライブを購入したり、ソフトを購入したりすると安心です。
1.ISOをダンプする
ImgBurnなどを使い、PS3ディスクからISOファイルを取り出しましょう。
ImgBurnのDLページはこちら
The Official ImgBurn Website
http://www.imgburn.com/index.php?act=download


下にスクロールして、赤枠に囲まれた「Click Here」からDLしましょう。


PS3ディスクからISOファイルを抽出してください。
この後、拡張子が大文字(.ISO)になっているのでそれを小文字(.iso)に変更して下さい。
最近のPCは工場出荷時の設定で拡張子を表示しない設定になっている場合が多いので、その場合は表示してから変更してください。
2.irdファイルの取得
IRD Library
http://jonnysp.bplaced.net/


ここで吸い出したい(吸い出した)ソフトを探し、.irdファイルをダウンロードしましょう。
ソフトタイトルだけでなく、IDでも探してみるといいでしょう。(ゲームのIDは調べれば比較的カンタンに出てくると思います)
もし、ココに自分の吸い出したい(吸い出した)ソフトの.irdファイルがない場合には、PCでは吸い出すことが現状無理ということになります。(いつか出来るようにものも、もちろんあります。)
ほかのサイトでもチラホラirdファイルの配布をしているところが出てきました。
諦めずに探してみましょう。
ここで、他言語用のIDを間違えて取らないように注意してくださいね。
3.irdファイルの適合
PS3 ISO PatcherでISOファイルとirdファイルを選択し、ファイルを復号してください。
PS3 ISO Patcher(直リンク):https://rpcs3.net/cdn/tools/patcher.zip

4.ISOからPS3_GAME抽出
3k3yツール(IsoTools)を使ってISOからPS3_GAMEファイルを抽出します。
3k3yツール(直リンク):https://rpcs3.net/cdn/tools/3k3y.zip

左上の「Tools」→「ISO」→ 「Extract ISO」を選択し、.isoファイルを選択してファイルを抽出してください。
5.終了
これで使うことができます。

4K出力
PS3が4Kに対応していないので、4K出力の直接的な設定は存在しません。
ですが、RPCS3はしっかりと対応しています。
ただ、設定が少しややこしいので書いておきます。

GPU項目の「Resolution Scale」「300%」にしてください。
これで「3840x2160」、すなわち「4K」にすることが出来ます。
同様に値を「600%」にすれば「8K」にできます。

「Default Resolution」はPS3側に送信する解像度です。
こちらでもフルHD(1920x1080)まではこちらでも解像度を上げることが出来ます。

解像度の詳細な変更ができるので、低スペックもうまく調整すれば快適に遊べるかも?
高スペック勢の方は逆に限界に挑戦してみてください。
今現状のRPCS3の最高値は「10240x5760」です。
HD画質の8倍、つまりは10Kですね。

下の「Resolution Scale Threshold」は開発者向け設定なので触らないでください。


スキン
アップデートで、スキン機能に対応しました。

スキンの変更
「Config」をクリックして、

「GUI」→「UI Stylesheets」で変更できます。


現在、デフォルトで6種類のスキンが存在します。
そのうちのいくつかを紹介します。

スキン例

Default(Bright)


Kuroi(Dark)


Skyline

Envy


スキンの作成(上級者向け)

「rpcs3フォルダ」\GuiConfigs
にスキンファイルがあります。
QSSファイルがスキンのファイルになるので、それを開けるソフト(メモ帳等)で編集できます。
実用性は文字カラー変更を行ってないので皆無ですが、
サンプル程度に私の方でもテーマを作成してみました。

RPCS3_testTheme_M_v1_background

RPCS3_testTheme_M_v2_background

RPCS3_testTheme_M_v3_background

RPCS3_testTheme_M_v4_background


1つ2分程度で試しにいじった程度なので、品のないテーマに仕上がってますが、それでもほしい方はこちらからダウンロードできます。
RPCS3_testTheme_M_v1~4_background

グリット表示とリスト表示
こちらがリスト表示で、


こちらがグリット表示になります。


これらは右上のListとGridで変更できます。

リスト表示
グリット表示
サイズ変更バー
となっています。


ゲームのアップデート
ゲームにも更新プログラムというものが有ります。
それのインストール手順です。
各ゲームに自分で適用する必要があります。

※以下を行う場合は、下にある「上級者向け的要素」の「アップデートファイルの違法性について」をお読みください。

.pkg(更新プログラム)の取得

まずは更新プログラムを入手しましょう。

入手するためのソフトに、「PS3 Game Updater」という物があるのでダウンロードしてきましょう。
PS3 Update pacher
匿名ですが、リンクを教えていただきに感謝です。


Zippyshareというサイトに飛ばされますが、これは海外のアップローダになります。


いかにも怪しそうな「DOWNLOAD NOW」ですが・・・大丈夫です。(多分)
ここを押すとPS3 GAME UPDATERがダウンロードされます。
この際広告として新規タブが出ますが、無視して下さい。
たまに「あなたのPCはウイルスに感染しています!」や「○○○○が当選しました!」という広告が出ますが、ブラウザではウイルスに感染していることなんてまず分かりませんし、運がない私がそもそもそんな連続で○○○○に当選するわけがないので。はい。詐欺ですね。


Chromeではブロックされてしまいました。
なのでEdgeやInternet Explorerなどでダウンロードしましょう。
Chrome危険なファイルとなっていますが、ESETというウイルス対策ソフトでは安全となっています。


Chromeはウイルス対策ソフトではないので、ここはESETを信用して進めてみます。

解凍するとこんな感じ。


起動するとまずウェルカムメッセージ。


続いてフォルダー選択画面が出ますが、よくわからなければ✕を押して消しても大丈夫です。


するとこんな画面になります。


各選択肢の説明です。

Single Game Folder:自分の持っているゲームのフォルダを選択してゲームを識別し、.pkgを取得してくれます。

Single PKG or ISO - File:ゲームの旧.pkgファイルか、ISOファイルを選択することでゲームを識別して.pkgを取得してくれます。

Enter Game-ID:ゲームのID(例:Steins;gate 0ならBLJM61303)を入力してゲームを識別し、.pkgを取得してくれます。

どれをやっても同じ.pkgが来ますので、どの方法でもOKです。

上の工程を完了すると、(初めての人は)新しく「MyPS3GamesUpdates」というフォルダーが生成されていると思います。
その中にさっきのゲーム名が書かれたフォルダがあるので、その中に.pkgファイルが有ると思います。

ちなみにアップデートが存在しない場合はこのような表示が出ます。(Steins;gate 0)


.pkg(更新プログラム)の適応

Rpcs3を起動し、「File」→「Install .pkg」から先程の.pkgを選択しましょう。


完了するとこのようなポップアップが出ます。



RPCS3のアップデート
私なりのアップデート方法を紹介します。
公式に認められたアップデート方法ではないため何かあっても自己責任でお願いします。

最新バージョンのRPCS3の中身を今まで使ってたものに移して上書きするだけです

軽量化設定
雑ですが、以下を行ってみてください。
ソフトによって最適な設定は異なるため、改善するかどうかは分かりません。

・CPU項目、「Adidtional Settings」の「Lower SPU thread priority」を有効にする。
自分のパソコンのCPUが低スペックの場合のみ、効果があります。高いスペックの場合は無効にした方が軽量になります。
・「SPU Decorder」を「experimental」にする。
実験的な機能です。
場合によっては高速化されるかもしれません。
デフォルトではfastestです。基本はfastestがいいです。
・GPU項目、「Renderer」を「OpenGL」にする。
OpenGLは多くのものに使われている出力方式(グラフィックライブラリ)であり、かつ基本的に軽量です。ですが、あまりに重い処理の場合はむしろ避けたほうがいいときもあります。
またグラフィック精度を高めたい場合も、別のものの方が良いでしょう。
・GPU項目、「Default Resolution」で解像度を低いものにする。
基本的には1280x720がおすすめです。1920x1080はかなりの高スペックPCでないと動作に支障が出てしまいます。
もし、1280x720でもダメでしたら、動くまで下げていきましょう。
アスペクト比を変更してもいいかも。
解像度変更によりサイズが小さくなりすぎたら下の「Resolution Scale」で拡大できます。
・GPU項目、「Framelimit」を低いものにする。
30fpsが一般的です。めっちゃいいグラボを持ってる人なら60fpsと言ったところでしょうか。低スペックなら辛いですが、15fpsとかですかね。
Autoは避けるのが無難です。ゲーミングモニターなどの高レートモニターでない場合、60fps以上は表示できないからです。
ゲーミングモニター?なにそれ?という方でなおかつゲームが余裕で動くなら60fpsでいいでしょう。
スペック比較をしたいならOffにしましょう。
・GPU項目、「Additional Settings」で「VSync」を有効にする。
根本的な軽量には一切なりませんが、低スペックの方はこれだけで快適さは変わると思います。
解説すると、グラフィック処理は実は上から順番に行われていっています。
なので上半分の処理と下半分の処理が完了する時間が違い、下の画像のように表示する映像の時間がずれるなんて減少が起こります。

VSyncではそれを上から下まで終わってから画面に表示、というプロセスを踏むので、上半分と下半分の映像がちゃんと繋がります。
ですがfpsなどの1瞬を争うゲームではVSyncによる下半分の処理待ちの時間(遅延)が惜しい!となる場合もあるそうです。
・GPU項目、「Anisotropic Filter」を低いものにする。
初期設定はAutoです。Autoが一番実機に近いと言われています。
ですが、動かない場合はx2などを選択してください。
無茶したいぜ!という方はx16にしましょう。
・「PPU Decorder」を「fastest」にする。
デフォルトでfastestです。特に事情がない限りこうしましょう。
・CPU項目、「TSX Instruction」を変更する。
デフォルトでは有効です。
インテルの第4世代、第5世代CPUでは必ず有効でなければいけませんが、それ以外の場合は変えると良くなったりするかも?しれません。
・CPU項目、「Adidtional Settings」の「Enable Thread scheduler」を変更する。
デフォルトでは有効だと思います。
稀にですが、パフォーマンスを下げるかもしれません。
しかし、基本的には高速化を図るための機能ですので有効にしておいたほうがいいです。
特にAMDのRyzenにはかなり効果が高い設定ですのでRyzenの人は有効にしましょう。
・「Firmware Setting」の変更
上級者向け設定です。
基本はAutomaticallyかonlyがいいんじゃないでしょうか。
onlyが最軽量だと思います。
ここは正直動作に必要なものを選択しているところなので、変えるのは全く動かないときくらいでしょう。

上級者向け的要素

○チートの使用
Cheat Engine」を使用して行うことが出来ます。
やり方等はソフト、チートの内容によって異なるため、ここでは取り上げないこととします。
また、ROM内の「EBOOT.BIN」を直接書き換えることでもチートが行えるそうです。

○データインストール
データインストールは基本必要ありません。
なるべく避けておいたほうが無難です。
しかし中には強制的にデータインストールが開始されるゲームがあります。
その場合、不具合が起きなければ問題ありません。
しかし、データインストールで不具合が起きるゲームも現在では少なくありません。
その場合、
rpcs3/dev_hdd0/game/[Game ID] 

というフォルダーを作成することで、データインストールを回避できました。

○オンラインマルチプレイ
現状では難しいです。
なぜならエミュレータでPlayStation Networkに接続するのは法的に問題があるためです。
開発の面でもまだ行き届いていませんが、それ以上に法的な問題がクリアできません。

しかしPlayStation Networkではなく、独自サーバーに接続したプレイならば法的な問題はないため、開発面での問題がなければプレイできます。
すでに実際に試した方もいます。しかしここではサーバー導入の難しさから、今の所、紹介の予定はありません。

○ドライブからの直接起動
何処のサイトに書いてあるみたいです。
が実際動いているところは見たことありません。
そもそも吸出し自体に、irdファイル適用などのいろいろな問題点があるので難しいんじゃないかなぁと感じます。
たとえ出来たとしても、かなり不安定かつ、データインストールが必要となると思うのでやる価値はあまりありません。
無責任な予想ですが、デマ情報なんじゃないかなーと思います。
少なくともここでのサイトの結論としては「出来ない」ということにしておきます。

○アップデートファイルの違法性について
実はゲームのアップデートファイルのダウンロードは法的にグレーです。
曲がりなりにも、それはゲーム内の一部のデータなので、ゲームのROMをダウンロードする行為と類似しており、法律にふれるという可能性は無くありません。
そもそも再配布が許可されているのかすら不明です。
ですが、PCゲームのModの多くがゲーム内の一部のデータを使用し、さらにそれを改変しているのでそれを言えばModもアウトになったり・・・
でも、それを言えば分割されたゲームファイルをアップロードするのもokとなってしまいますし・・・
そもそも著作権者に明確な不利益を与えないので、著作権法の目的である権利者の利益の保護に関係ないよなぁとか・・・

とまぁ、議論していたら止まらないのですが、
この発言に責任は取れませんが、個人的には、良識をもって扱えばいいと思います。
私は法学部でなくバリバリの理系なんで法律には詳しくないのですが・・・
ただし有料DLCに関しては、吸い出す以外の方法で手に入れたら確実に違法です。
そしてDLCは各機毎にデータの一部が違い、吸い出し&導入の難しさもあり、紹介の予定はありません。
また、ファームウェアのアップデートファイルに関してはソニーがホームページで公開しているため、違法性はありません。

○IRDファイルの違法性について
IRDファイルはアップデートファイルよりも圧倒的にファイルサイズが小さいので、アップデートファイルほどグレーではありませんが、数KBといえど、あれはROMの中から吸い出されたものなのです。

こちらにおいても、アップデートファイルと同じく、良識をもって扱えばいいと思います。
そもそもこちらは特に悪用のしようがないですが・・・

○RPCS3 x86 (32bit版)の存在
実を言うと、存在します。
しかし、rpcs3公式から出ている32bitバージョン(0.0.0.4)の更新は2014年で止まっています。
※バージョンは(0.0.0.4)
32bitでは処理しきれないことが判明したため、rpcs3チームは開発を中止したそうです。

けれども、一応RPCS3を32bit版に変更するモジュールが非公式としてあるようです。
しかし私は動作確認をしていないため真意は定かではありません。
また、ウイルスなどが混入している可能性もあります。
行う場合は注意して行ってください。

また、ARMプロセッサタイプのWindows10も32bitソフトウェアしか動きません。


動作データ
CPUやGPUの使用率や温度、コントローラーの操作状況までを記録した動画になります。

起動しない、動作しない等の不具合について
私はそれなりに長くrpcs3の記事を書いてきました。
その経験上、これに関してはソフトや時期によってその不具合の原因は常に変化することが分かりました。
そのため、当サイトでは追いきれないと感じております。
しかし、動作状況が「Ingame」の場合、設定をいじることで動くようになることが多いです。
その設定はRPCS3のフォーラム等に記載されています。

万物の設定はデフォルト設定です。

RPCS3公式リンク集
Homepage
https://rpcs3.net/
Forum
https://forums.rpcs3.net/
Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCz3-0QxNr4S4gK0xaWy7exQ/featured
Discord
https://discord.me/RPCS3
Github
https://github.com/RPCS3/rpcs3
Blog
https://rpcs3.net/blog/


あとがき
私は2016年くらいからずっとrpcs3を広めるために記事を書いてきました。
その時は今のようにうまく動かず、使い方もモジュールを各ソフトごとにダウンロードしなければ使えない、そして英語ですらまともな解説をしているサイトがなく、とても苦労しました。
私が初めてrpcs3についての記事を上げた時は、日本語でrpcs3の解説をしているサイトは私のサイトしかありませんでしたが、今は他のサイトもrpcs3の使い方などを載せ始めるようになりました。
私は初期にrpcs3に寄付をしてたりしましたが、今ではそれが雀の涙と思われるくらいrpcs3開発グループは大きくなってくれました。










関連記事

Nintendo Switchエミュレータ 「yuzu」使い方&検証






【検証】Xbox360エミュレータ「Xenia」は使えるのか?



【最新版】WiiUエミュレーター「Cemu」使い方+



アドセンスについて
商品リンクはAmazonアドセンスのものを使っているので、気に入らねぇ!って方は避けて買ってください。
もしそれでもいいよ!ということならばこのサイトのリンクからお買い物をしていただけると幸いです。
よくわからない方は何も考えなくて大丈夫です。

ちなみになんですが、Amazonのアフェリエイトってそのリンクの商品だけでなく、その関連商品から飛んでもお金入っちゃうみたいなので。
アフェリエイトリンクを露骨に避ける人は気をつけて。
逆に好きなYoutuberとかなら全く関係ない商品でもそこから検索して買えば金儲けに貢献できるんじゃないでしょうか。
あっ!ページ右上の私のプロフィール画像の下にamazonのリンクがあるのでそこからなにか検索して買っていただけると少額ですが私に入ってくるので良かったらそこから買ってね!

コメントと更新(新記事化)について
Bloggerは大量にコメントが付いてしまうと、読み込みの分割を起こすのでそれが起きたら新記事に書き直し、というような体制をとっていこうと考えています。

また、コメントについても私自身、また高校生という身分で、IT系に従事しているわけでもなく、プログラミングが特別得意というわけではない上開発面に寄り添った内容は正直解決できないかもしれません。ご了承ください。

また、他サイトでコメント欄が開かれていないからと言って、こちらの記事にコメントを残していく方が結構おられます。関係ないことを書くのはやめてください。
また、他のRPCS3の記事を書いている方、コメント欄を開設してください。
何処のサイトだか知りませんが、適当なことを書いているサイトがあるようなので困っています。

当サイトでは「~が動かない」等のコメントには日数かかると思いますがちゃんと対応しますので、解決出来るかどうかは分かりませんが、お気軽にご質問ください。
もちろん、それ以外のコメントもお気軽にどうぞ!

9 件のコメント:

  1. 気がつけばmgs4がタイトルまでは起動するようになり...スゴいもんですよね。いつかmgs4が4kでプレイできる日は来るのでしょうか、楽しみでなりません。ところでゲームのアップデートツールですがグレーのような気がします。一部とはいえゲームをダウンロードしているのですから。一部なら合法というわけにもいかないでしょう。それが通ってしまえば分割すればOKということになってしまいます。
    とはいえ私はあまり詳しくないので判断はお任せ致します。

    返信削除
    返信
    1. そうなんですよね、グレーなんですよ。irdファイルと同じですね。

      任天堂の3DSやWiiUのようにソフトの有無に関わらず無料配信とかなら問題ないのですが、
      PS3はソフトを入れないとアップデートパッチがダウンロード出来なかったと思うので、・・・
      他にもそもそも再配布が大丈夫かという問題もありますし・・・

      ただ、そもそも、著作権法というもの本来の目的は権利者に不利益を与えるものに対して定められたわけであって、少しのデータの一部でかつ、それだけではなんの意味もないもので不利益が与えられるかというとどうなんだろうと・・・
      つまり、文面上の法律でなく、信念に基づく法律であれば問題はないよなぁとか・・・

      ただし有料DLCに関しては、吸い出す以外の方法で手に入れたら確実に違法だとは思います。
      そしてDLCは各機毎にデータの一部が違い、吸い出し&導入の難しさもあって紹介しない方針をとっています。


      他にも議論できる部分はたくさんあるような難しい問題ですが、
      個人的には、良識を持って扱えば問題ないと思います。
      責任は取れませんが・・・

      削除
  2. ゲームを起動することはできたのですが、ゲーム内の速度が2倍くらい早くなってました、設定等で通常の速度に戻せますか?

    返信削除
    返信
    1. これは設定というよりも不具合に当たるものです。

      とりあえず、私が経験した直し方を書いておきます。
      情報が他になにもないので、全部羅列しておきます。

      解決方法①「GPU」項目、「Renderer」を変更
      解決方法②「GPU」項目、「Default Resolution」を変更
      解決方法③「Audio」項目、「Audio Out」を変更
      解決方法④「CPU」項目、「PPU Decorder」または「SPU Decorder」を変更
      解決方法⑤「GPU」項目、「Frame limit」でフレームレートを制限

      直る事例が多かった順は、①>②>③>④>⑤です。
      特に①ではOpenGLで、②では1920x1080が一番解決しやすかったです。
      ⑤はほぼ最終手段です。


      なんのソフトかわからないため、原因の特定ができず、めちゃくちゃ項目が多くなってしまいましたが、
      一度数字の若い順に試してみてください。

      削除
    2. ありがとうございます!
      PS3テイルズオブシンフォニアで上記の症状が出ました。教えていただいたことを早速試してみます!
      私の環境ですと起動自体は余裕があるレベルというのは確認できたのですが、画面が2重(ぼやーっと拡大された映像が映る)になることがあり、これも設定で治りますでしょうか。

      削除
    3. うーん聞いたことない症状ですね・・・見たことないのでイメージもよくわからないのでなんとも言えません・・・
      同ソフトの動作報告でもそのような症状も見られないみたいなので・・・
      基本的にフォーラムでの動作報告等はデフォルトで行われているはずなのですが、グラフィック系の設定はRPCS3のデフォルトですか?
      デフォルトでないならデフォルトに直してみて下さい。
      まぁおそらくそのバグが起きているのもデフォルトでの話だと思いますが、間違えて全体設定いじってるのに設定マークがでないせいで気づいていない可能性もあるので念の為・・・

      削除
    4. 遅くなりましたがゲームスピードが早くなる問題はFPSを30にしたところ通常通り稼働しました!
      ゲームが30fps版なのにfpsがautoや60fps等だと倍近くのゲームスピードになる...考えてみれば気がつかなかったのが恥ずかしい問題でした(/-\*)
      映像が二重に映る(通常の映像に加えて、ぼやけた拡大された映像が透過されて映る)問題は解決出来てませんがモニターの設定を見直して見ようと思います!

      削除
    5. ゲームスピードの方は解決してよかったです。
      ですが、映像の方は初めて聞く症状なので・・・お力になれずすいません。

      削除

ad imobile W

Google+

人気の記事

人気の記事

人気の投稿

ブログ アーカイブ